FC2ブログ









3-2-2-3 戒具装着 4 防聲具 3 挿子

挿子

口腔内に板状乃至棒状の壓迫挿子を挿入固定して防聲します。挿子が大きく異形であればある程與える壓迫感が増します。

板状の挿子

11 3 5i (2)
21 3 5i (3)
31 3 5i (4)

棒状の挿子

51 3 5i

特殊な形態

41 3 5i (5)


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[ 2017/03/21 17:32 ] 監房 戒具装着 | TB(0) | CM(0)

3-2-2-2 戒具装着 4 防聲具 2 銜

頭絡乃至勒(ろく)

防聲具に押送時の歩行制御機能を加えたものです。項革(うなじがわ)、額革(ひたいがわ)、頬革(ほおがわ)、鼻革(はながわ)、喉革(のどがわ)、頸輪、銜(はみ)、手綱から成っていますが、状況に依り幾つかの部分を省略して使用します。

1 3 5sa (20)
1 3 5sa (19)
1 3 5sa (21)
1 3 5sa (22)
1 3 5sa (23)

銜(はみ)

咥えている棒を銜身(はみみ)、両端の輪を銜環と稱し、激しい動作を行っても外れないように帯革に聯結します。手綱が銜環に取附られ、押送時に押丁が是を引いて囚人の歩行を制御出来ます。
棒銜身は芯が金属製で護謨や合成樹脂で覆います。

装着開始

51 3 5h (1)
371 3 5sa (29)
381 3 5sa (25)

鼻革を省略した装着状態

31 3 5h (3)
141 3 5h (18)
201 3 5sa (4)
211 3 5sa (3)
251 3 5sa (12)
291 3 5sa (28)
311 3 5sa (26)
321 3 5sa
331 3 5sa (27)
341 3 5sa (26)
431 3 5sb (2)

しっかりと銜身が口腔に喰込んでいる

81 3 5h (6)
281 3 5sa (9)
241 3 5sa (5)

各革が緊密に聯結して激しい動作中も銜身がずれない

101 3 5h (8)

鼻革装着時

131 3 5h (21)
231 3 5sa (6)
111 3 5h (35)
91 3 5h (7)
221 3 5sa (1)
271 3 5sa (14)

手綱制御

351 3 5sar
61 3 5h (9)
361 3 5sar (2)
371 3 5sar (4)
381 3 5sar (5)
391 3 5sar (6)
401 3 5sar (7)
411 3 5sar (3)
421 3 5sbr (2)
481 3 5sbr (5)

革頭巾と併用した例

121 3 5h (34)
261 3 5sa (11)

水勒銜

聯結部を持つ細身の金属製銜身。口角への壓迫が強いので棒勒銜より制御機能が高くなります。
縄状に捻った捻銜身はより強い制御機能があります。
是等の特殊な形状は強い咬合に依って歯牙を損傷する危險があるので適合する状況でなければ使われません。

41 3 5h (1)a
441 3 5sb (3)
451 3 5sb
301 3 5sa (27)

手綱制御

461 3 5sbr (3)
471 3 5sbr (4)

491 3 5sbr

大勒銜

銜身から銜枝が延びており手綱は下銜枝に取附られます。手綱を引くと梃子の作用で極めて強い壓迫を口腔内に加えられる為、押送の際に容易に囚人の歩行を制御出来ます。

11 3 5h (5)
21 3 5h (4)
71 3 5h (10)
501 3 5sc
511 3 5sc (1)
521 3 5sc (2)
531 3 5sc (3)
541 3 5sc (4)
551 3 5scr

手綱制御

151 3 5h (16)
581 3 5scr (2)
591 3 5scr (3)




[ 2017/03/15 04:13 ] 監房 戒具装着 | TB(0) | CM(0)

3-2-2-1 戒具装着 4 防聲具 1 口球

獄則は囚人に静粛を要求して居りますので不必要に高聲罵詈雑言をなさる場合は防聲具を装着します。受刑待機中や受刑中の叫喚防止の為自ら希望して此れを装着するのは勿論構いません。刑吏が刑執行中に舌噛防止の為必要と判断した場合は刑の一部分として装着を強制する事があります。

其の一 口球

口腔内に球を嵌めます。球を緊く口中に喰込ませ留帯で固定します。)

1 3 5b a
91 3 5b (10)
11 3 5b (11)
21 3 5b (12)
311 3 5b (3)
271 3 5b (20)
281 3 5b

球は大きい方が効果がありますが囚人の口幅が小さいと球を咥えきれない場合があるから大きさには自ずと限度が出ます。

41 3 5b (5)

常に唾液の流れるに任せる恥かしい状態となります。軆前面や床が唾液に塗(まみ)れた儘となります。

141 3 5b (13)
151 3 5b (14)
111 3 5b
321 3 5b

留帯は頸の背に廻し球が口腔から脱落しないように厳しく留めます。

101 3 5b (19)
131 3 5b (8)
31 3 5b (2)
71 3 5b (3)
81 3 5b (9)

留帯は頸輪に聯結すると外れる虞が無くなります。

51 3 5b (6)
291 3 5b (2)

顎に補助帯を廻し球がずれないように出来ます。

181 3 5b b
241 3 5b (7)
61 3 5b
301 3 5b (4)
311 3 5b (4)

顔面及頭部に補助帯を廻すと更に球が確實に固定できます。

251 3 5b d
171 3 5b c
161 3 5b d (2)
231 3 5b (11)
211 3 5b (12)

額部に補助帯を増やした例

191 3 5b (1)
221 3 5b (10)

革頭巾と一體になった特殊な固定方です。

121 3 5b (7)

[ 2017/02/15 19:36 ] 監房 戒具装着 | TB(0) | CM(0)

3-2-1 戒具装着 3 頸輪頸枷

頸輪は革・鐡・縄と用意してあります。頸枷も木・鐡と取揃えてあります。計畫段階にて形式・詳細を御檢討下さい。
内径は粍單位で御指定でき締附強度は如何やうにも承ります。

鐡頸輪
  相當の重量が有り頸を自由に廻すには努力が要ります。頸廻に併せて密着させるには豫め採寸し適合する鐡輪を用意しなければなりません。當倶樂部では粍單位で内径の違う鐡輪を揃えてあります。緊密感と息苦しさを味わう為には實際の頸廻より若干狭い内径を用います。

1 3 2 (0)
1 3 2 (17)
錠で留める
1 3 2 (16)
装着當初は鐡の冷たさに身震いするが
1 3 2 (15)
軈て體溫が鐡輪に移り
1 3 2 (3)
軆に馴染んでいく
1 3 2 (3)
頸輪が軆の奥の炎を掻立てる
1 3 2 (9)

鋼索頸輪
  鋼索が細くなるほど喰込が緊くなります。内径が頸輪廻より狭い單條だと事故に繋がるので必ず聯結した複數條を用います。

z (1)
z (3)

革頸輪
  頸廻に隙間無く密着する緊締感が味わえます。尾錠による締め具合の微調整が簡單に出来ます。息が苦しい程に締附けるやう豫め指定して置くとよいでせう。
  
1 3 2 (2)
無題

頸輪を嵌められると服従心理が強まる
1 3 2 (12)
頸周りにぴったりの口径を嵌めた状態 大きな拘束感を抱く
1 3 2 (29)
頸周りより小さい口径を嵌められた状態 息が彈み茫然となる
1 3 2 (5)
緊く締附られた状態 呼吸切迫し放心する
1 3 2 (4)

長頸輪
  頸全體を覆ひ此れを固定します。頸輪自體に口枷、棒針、覆面等の顔面固定戒具を連結する刑具の一種として使用する事もあります。頸が僅かしか動かせず長時間装着していると非常に苦しくなります。締附具合は尾錠、留紐で調整できます。

1 3 2
1 3 2 (8)
1 3 2 (7)
1 3 2 (6)
1 3 2 (4)
1 3 2 (2)
1 3 2 (10)
z (2)

拷問と同様な効果を味わえます
1 3 2 (1)

木頸輪
  重量の有る木枠を頸に嵌めます。餘り重いので姿勢を保てない程です。頸に喰ひ入るので大變つらい戒具です。

1 3 2 1 (4)

鐡頸枷
  頸と両腕を併せて拘束します。當倶樂部のものは螺子締具に依り頸と手首の締まり具合を御指定通りの強さに調整できます。

1 3 2 1 (19)
1 3 2 1 (7)
1 3 2 1 (5)
1 3 2 1 (8)

縄頸輪
  頸を縛るに縄を用います。締め具合を容易に調整出来るので愛用者も多く、多くの會員は縄による緊縛と併用しています。

1 3 2 (11)

木頸枷
  頸と両腕を併せて拘束します。木枠の頸穴は事項防止の為緩くなっておりますが重量は御指定出来ます。ずしりと重く分厚い枷を存分に御賞味ください。

1 3 2 1
1 3 2 1 (1)
1 3 2 1
1 3 2 1 (6)
1 3 2 1 (3)
1 3 2 1 (2)
2 1 2 2 9
[ 2017/01/16 01:27 ] 監房 戒具装着 | TB(0) | CM(0)

3-1-2 戒具装着 2

戒具室には必要な種類の必要な寸法の戒具が全て取揃えてあります。

1 3 (14)

用意の戒具は豫め採寸濟でありますので

1 1 bx (8)

實行契約通りの装着が迅速に行えます。

1 0 (33)

装着を行う看守の命令には服従しませう。

1 2 a
1 2 b (2)

では始めます。

1 3 (7)
1 3 (4)
1 1
1 3 (9)

豫め實行契約に於いて御承認の事でありますが看守の命令には絶對に服従を願います。些かの不服従も獄則違背として記録され、懲罰執行細則にある通り失點に應じ受刑待機時間中に打擲、戒具加重、屏禁、其の他の苦痛を伴う懲罰を必ず受けざるを得ない事態となります。

此の囚人は不服従、沈黙違反、暴言、看守侮辱、看守暴行、逃走未遂の犯則に因り鞭打7回、重拘束、口枷、乳枷、股枷、鐡錘、刑靴の罰を受ける事が決まりました。

1 3 (8)

[ 2016/12/17 00:59 ] 監房 戒具装着 | TB(0) | CM(0)